プラットフォームという最強のビジネス

世の中には様々なコンテンツがありますが、それらのすべてが1から構築されているわけではありません。
例えばYouTubeに投稿されている動画も、YouTubeがなければ単なる1つの動画に過ぎず、人気のある動画もYouTubeのように人が集まる環境がなければ閲覧数がそれほど伸びなかったかもしれません。
こうしたコンテンツを提供する土台となるサービスをプラットフォームと言います。

プラットフォームには様々なものがあります。
多くの人が利用しているFacebookやTwitterもプラットフォームの1つで、コンテンツの開発者はこうしたサービスに自身の制作したものを載せることで、収益を上げることができます。
WindowsなどのOSやiPhoneのiTunesのように、そのデバイスを使うにあたって必須になるようなプラットフォームもあります。
コンテンツはこうしたプラットフォームの拡張機能の1つのような役割を果たしています。

プラットフォームをコンテンツの提供場所として用意すると、安定した収益を上げることができるビジネスモデルが出来上がります。
ショッピングモールでいうと大家さんのような役割になり、各店舗にあたるコンテンツ提供者から家賃のようにシステム利用料を徴収します。
魅力のある商業施設はそれだけで集客率が高くなりますので、コンテンツ開発者にとっても宣伝にかける費用を抑えることができます。
ネット上ではこのように土地や建物がなくてもシステムがあれば、大家さんのようなビジネスモデルを作ることができるのです。
集客率がさらに上がればプラットフォームとしての魅力も上がり、コンテンツ開発者にも大きなメリットが出る最強のビジネスとなるでしょう。

魅力的なプラットフォームはたくさんありますが、共通して言えるのが何かしらのテーマを持っている点です。
FacebookやTwitterの場合は人と人を繋ぐSNSの機能があります、ほかにもハンドメイドマーケットのようなミンネ、またフリーマーケットサイトやオークションサイトなど様々です。
こうしたサービスは企業だけでなく一般のユーザーが利用することもでき、ネット上での商業活動に役立っています。
プラットフォームを成長させて最強の収益源とするためには、いかに人を多く集め魅力的なコンテンツを増やしていくかが重要です。
規約を設定することはもちろん大切ですが、自由度の高い環境ほど豊富なサービスが生まれ、多く人が集まるようになるでしょう。