クラウドソーシングという外注の革命

クラウドソーシングとは、仕事を外注したい個人や企業と、仕事を受注したい個人や企業とのマッチングの場を提供するサイトの事です。
このクラウドソーシングは、ネットでやり取りできる仕事を中心にした外注の革命とも言えるもので、仕事の発注側にも受注側にも多くのメリットをもたらしました。
本記事では、このクラウドソーシングの革命と言えるポイントを発注側、受注側双方の視点からおさらいしたいと思います。

まず以前は発注側が、システム開発・運用、WEB製作・デザイン、一般デザイン、マルティメディア、ライティング等の仕事を外注したい場合には、それぞれを専門とする企業と契約を結んで発注する必要がありました。
この企業間での外注では、発注条件等の打ち合わせに時間と労力を要し、単発の発注などでは非常に無駄が多い方法でした。
また外注相手は企業が一般的で、企業運営のための様々な経費が仕事の費用にオンされるため、仕事の依頼価格も高くなりがちな傾向がありました。

しかしクラウドソーシングでは単発の仕事の発注でも、継続的な発注でも、大変な契約は不要で、サイトの仕組みの中で安心して発注する事が出来る様になりました。
また発注先は企業ではなく、スキルを持った個人の事が多く、比較的格安で依頼できる点も大きなメリットとなっています。

一方でクラウドソーシングで仕事を受注する側は、従来なら個人では信用がない事で、中々仕事の確保が出来なかったものが、スキルさえあれば個人でも受注できる様に大きく変化しました。
これによって、クラウドソーシングを中心にして仕事を受注する事で、フリーランスとしてのワークスタイルを確立する可能性も飛躍的に高まりました。

本業ではなくても、ネット副業として自分のスキルを活かし、自分のスタイルに合った副業として取り組む機会を得る事が出来た点も大きなメリットです。
しかもクラウドソーシングの仕組み上、外注費はサイトの保証の元に確実に回収できる点も大きなメリットとなっています。

この様に、クラウドソーシングは効果的で革命的な外注のあり方を提供し、受注側にとってはフリーランスとしてのワークスタイルの確立の可能性として、また新しい副業のスタイルとして、近年大きな注目を集めているのです。
クラウドソーシング各社も、独自のサイトの特徴を出すべく様々なサービス提供に努めており、最近ではスキルを持った受注側が積極的に自分の仕事をクライアントに売り込める場を拡充するなど、一層便利な機能を追加し、発展し続けています。